但馬のまほろばについて

但馬のまほろばについて

About Us

歴史文化と地域物産の交流ステーション

道の駅「但馬のまほろば」は但馬の玄関口に位置し、歴史と緑豊かな自然を感じることができる交流拠点です。近くには近畿地方最大級の円墳「茶すり山古墳」が あり、柿坪遺跡の建築物を再現したモニュメントや古墳時代の古代政庁をモチーフとした、歴史を感じさせるデザインになっています。施設へは上り下りとも利 用でき、一般道からも利用可能です。お食事やお土産、ご休憩など、但馬の旅の「交流と憩いの場」として皆様のお越しを心よりお待ちしています。

駐車場 167台
大型車27台・小型車137台・身障者用3台
お食事・物産コーナー
2つのレストランと但馬のお土産品、但馬のまほろばオリジナル商品を販売しています。
交流広場
人々との交流の場として利用できます。旅の疲れを癒してください。
トイレ
広々とした清潔なトイレを完備しています。
インフォメーションコーナー
道路交通情報や地域の観光情報を提供致します。

朝来市埋蔵文化財センター

【開館時間】9:00~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】月曜、祝日の翌日

隣接した朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」では、自動車道整備に伴う遺跡調査により発掘された貴重な埋蔵文化財を保管、展示しています。また、土器づくりや勾玉づくりなどの体験コーナーもあり、古代の生活や文化を家族そろって楽しんで学べるミュージアムです。

道の駅 但馬のまほろば